Posted by at

2007年07月05日

核心弁護

今、刑事事件での弁護活動が注目し、問われています。

光市の事件での弁護団の方針に、疑問をもった方々も少なくないのではないでしょうか。

あの方針が正しいか否かとかを、記録等も見ていない、被告人と接見もしていない私が言うことはできませんが、今までよりも弁護方針のあり方が市民の方々から見られているということを、弁護士は自覚しないといけません。

一方、えん罪事件も増えています。
過酷な取調が原因で、やってもいないことを何故認めるのか?と一般の方は思われるかも知れません。

しかし、逮捕された後の精神的な負担は相当なものです。
その場から一刻も早く解き放たれたいと思っても当然の環境になるのです。

我々弁護士は、無実の罪を問われることのないように、えん罪が生じないように、捜査の適正も監視する役割が求められます。


つまるところ、何故刑事裁判に「弁護人」が必要なのか、「弁護人」は何をしなければならないのか、という刑事弁護の本質そのものが今、まさに問われているといえるでしょう。


そして、今後、公判前整理手続が導入(済)され、裁判員裁判が導入されることが決まっています。

裁判員裁判になると、人数が多いし、裁判官以外の民間人が判断することになりますから、従来の大量の書面ベースでの審理、時間をしっかりかけて(かけすぎだという声もあります)の審理は難しくなります。

そのため、裁判が始まる前に、主張と証拠の整理を行う公判前整理手続を用いて、公判にかかる時間を短縮することになります。
公判前整理手続とは、裁判が始まる前に、裁判所、検察官、弁護人(被告人)が協議して、事件の争点を絞りこむというイメージですね。

その結果、従前全ての証拠を公判に提出、吟味し、精密司法と言われたものが、事件の核心に関する証拠だけに絞って、それを徹底的に争い、立証の可否を問う、核心司法というものに変わってくるのではないかと言われています。


裁判そのものが早く終わることは、何ら問題がありません。

しかし、これからの制度だと、弁護人は、裁判が始まる前までに、全ての証拠を精査し、被告人や関係者からヒアリングし、証拠の取捨選択を終えておかなければなりません。

時間的には、1ヶ月もありません。
しかし、そもそも被告人との信頼関係を構築するのに、1ヶ月では足りません。

警察や検察で、やったと自白していた人が、ポッとやってきた弁護士に、すぐに「実はやってません」と話しだすはずはないのです。

人と人との信頼関係が構築されて、はじめて、被告人は重い口を開いてくれることがままあります。

全ての人が、えん罪ではなく、ほとんどの人が実際に自分のやったことでしょう。
だからといって、仮に万に一つのえん罪が、「迅速」という名の下に、見過ごされてしまうという可能性を残していいと言い切れるのでしょうか。

仮にその万に一つが、自分に、家族に回ってきても、それでもよいと言えるのでしょうか。

刑事弁護において、「弁護人」が必要とされている理由を、今後の制度はないがしろにしている面がないとは言えないと思っています。

だから、何もかもやめるべきだ。とは言いません。
制度は、常に最善を目指して、作り替えていくべきだからです。

ただ、やる前から問題になりそうなところが分かっているのに、そのままにして、とにかく進めるというのは愚の骨頂です。

もう少し、議論(ヤジの言い合いや欠点のあげあいではない)をする、できる国、国民であるべきだと思います。



  

Posted by たばやん at 09:53Comments(0)法律