スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2007年07月27日

転勤

昨日、弁護士になる前に勤めていた会社の同期の一人から、今度、転勤するとの連絡を受けました。

会社では転勤が当たり前ですが、我々弁護士は開業後、その地域を移ることはほとんど考えられません。

その地域で培った経験や人脈が貴重な財産ですから、よほどのことがないと事務所の移転はあっても、地域を変えることはないでしょうね。

一方、検察官、裁判官は一般企業以上に転勤が多く、大体2~3年毎に転勤します。
あまり地域に根付いてしますと、公平さに欠けるおそれがあると見られる可能性があるからでしょう。

本人達は、自分で選んだ職業ですから、やむを得ないですが、家族ができると大変でしょうね。
単身赴任をしている裁判官も結構いたりします(笑)。


各職場で独特のやり方があるのが普通ですから、職場が変わるとそれに慣れるまでがとても大変で、非常にストレスがかかるのは、どの業界でも同じでしょう。

裁判官や検察官でも、職場の雰囲気に合わない、なじめないということで悩むことはあるようです。

いざとなったら、一人でやる。と決められないところが、弁護士と違って大変なところですね。


しかし、どこに行っても活躍できるというのは、貴重な能力です。
同期が、新天地でも活躍することを祈っています。

もっとも、転勤前にゴルフでとっちめてから、追い出してやるつもりですが(笑)




  

Posted by たばやん at 09:45Comments(0)一般