Posted by at

2007年09月28日

BOOKUOKA2007



皆さん、本を読んでますか?

今年もけやき通りを中心に、「ブックオカ」が来月1ヶ月間開催されます。

HPはこちら

本好きな人も、そこまで興味がない人も、「本」に絡めた色々な企画がありますから、のぞいてみて下さいね。


私が去年行って、おすすめしたい企画、古本市は今年もあるそうです。

こないだ部屋の整理をして、読み終えた本を大分、ブックオフに売ってしまいましたが、ブックオカの一箱古本市に出してみてもよかったな~とちょっぴり後悔しています(笑)

100円で売ってしまうにはもったいない、貴重な本をお持ちの方は、ぜひ古本市に出店してくださいね。

締切は、今月末までのようです。
急いで、急いで(「岡はち」さん風)
  

Posted by たばやん at 09:28Comments(1)一般

2007年09月28日

ホーチミンの交通

ベトナムは、ホーチミンに行ってきました。


ベトナムは、発展著しいとはいうものの、他のアジアからみると、一歩、二歩遅れている(という表現がいいのかどうか分かりませんが)という感じがします。

都市の発展具合からみると、まだまだマレーシアから10年、タイから5年は遅れているといった感じでしょうか?
それでも、都市部以外では、どこも同じなのかも知れませんが。

そういう意味では、日本はやっぱり高度成長がすごかったんだなと思いますね。


すごかったのは、交通です。



バイクが多いのは、分かっていましたが、すごいのはその走り方。
クラクションはほとんど、鳴らしっぱなし。
誰かが常に「プップー」です(笑)

車は、バイクを思いっきり煽りますしね。
たまに行商のおっさんが、三輪バイクでちんたら行ってると、クラクションの嵐でかなりかわいそうでした。

それから、基本的に信号がまだあまりないので、交差点では、左折(日本と通行は逆)する車は、どんどん割り込んできますし、とてもじゃないですけど、日本の感覚で運転なんて出来ません。

ガイドさんの運転をずっと注目してましたが、真似できませんね。
運転には自信のある方でしたが、まだまだ修行が足りませんでした(笑)。


しかし、向こうのやり方だと、渋滞があまりないんです。

ホーチミンのど真ん中は、結構な交通量ですが、車が動かないということがありませんでした。
日本だと、一台右折車がいると、信号が変わるまで前が行かないので、どんどん詰まることが多いですが、向こうは、ささーと曲がるので、詰まらないんですね。

どっちが本当は、合理的なのか、考えさせられました。

これで信号ができちゃうと、おそらくホーチミンも渋滞都市となっていくのでしょうね・・・。
  

Posted by たばやん at 00:19Comments(0)一般