2009年10月14日

ミシュラン論争

ニュースはこちら
http://mainichi.jp/life/food/news/20091014ddn041040012000c.html


東京版が出たときにも、わーわー言うてましたが、今回も賛否両論色々ですね。

特にミシュランだけが、グルメ情報を出している訳ではないので、議論になる方が不思議ですが、それだけミシュランに色んな意味での「バリュー」があるんでしょうね。


ミシュランでは、掲載を断った店も載せるという点が、個人的には興味深いですね。

お店として、存在自体はしている訳ですから、その情報は誰でも自由に発信していいように思えます。
一方で、肖像権やパブリシティ権のような情報コントロール権は、店舗には認められないという理屈もないように思います。

「誰彼にでも発信してもらいたくない。」という店主の意識は、権利性を認めていいでしょうか?


憲法の学習的には、面白い素材かも知れませんね。


同じカテゴリー(一般)の記事画像
日食
春の京都
ちょっと里帰り
韓国と福岡
やっぱり、お茶。
「iPhone」、買ったどー!
同じカテゴリー(一般)の記事
 弁護士がすべきこと (2011-02-05 14:02)
 2011明けましておめでとうございます (2011-01-01 20:36)
 O-RID KYBERで手書きのメモもデジタル化! (2010-12-02 22:19)
 福岡市長戦 (2010-11-11 01:12)
 ドワンゴ創業者来たる! (2010-07-13 18:46)
 7月。山笠! (2010-07-02 17:15)

Posted by たばやん at 13:16│Comments(0)一般
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。