2010年01月26日

自社ブランド・・・

先日、あるメルマガを読んでいますと、うち(メルマガ発行会社)もいつかは自社ブランドで商品を出したい旨の記述がありました。


たしかに、自社の名前や自社のブランド名が付いた商品が市場に出回るとなると感慨無量でしょうね。

そこをひとつの目標とするのも悪くありません。




一方、先日のNHKスペシャルでは、液晶テレビのOEM製造を行っている会社が取り上げられていました。
その会社は、一日数万台のテレビを製造していますが、そのいずれも自社のブランド名は付けられていません。


黒子に徹することによって、その会社は巨額の利益を上げています。


単純にどちらがいい悪いをいうつもりはありません。



どちらもそれなりのメリット、デメリットがあります。


問題なのは、それらを検討することなく、あるいは検討しても最終的には感覚的に判断してしまって、自社の方向性を見誤ることです。

自社の利益を最大化するためには、自社ブランドにこだわる必要がない場合も少なくありません。



特にベンチャーの場合は、アイデアを売ることが一番の利益を最大化する方法で、自社の名前がでるかどうかは問題外ということもあり得ます。



また、そこまでは考えつくとしても、本当に「売って」終わってしまう会社も多いような気がします。

売ってしまえば、1回の商売で終わります。


いかに継続的に売上が立つ仕組みをつくるのかが、重要なのにそこまで考えが及ばない経営陣もいますが、残念と言わざるを得ないですね。


誰もが右肩上がりで成長はできないからこそ、知恵を総動員して、企業を成長させる方法を考え抜かないといけません。

その時に、感情的には惹かれるけれども、合理的な判断の際には邪魔なものって意外に多いものです。


「自社ブランド」という魅惑的な言葉も、そのひとつかも知れませんね。


同じカテゴリー(経営)の記事画像
知財マネジメントスクール2010開催します!!
九州知的財産マネジメントスクール2008開講します!
ノードストロームと手帳の話
赤福よ、お前もか・・・
九州知的財産マネジメントスクール受講生募集のお知らせ
同じカテゴリー(経営)の記事
 無事1周年! (2011-04-01 20:43)
 QBS博多駅サテライトオープニングイベントのお知らせ (2011-02-23 18:34)
 知財マネジメントスクール2010開催します!! (2010-10-28 08:34)
 ホームページができました! (2010-10-20 00:23)
 中国キーマンとの交流会のご案内 (2010-08-11 18:09)
 手法は任せる (2010-06-16 19:11)

Posted by たばやん at 14:40│Comments(1)経営
この記事へのコメント
読み応えある記事でオモシロイですね。また見にきます。
Posted by 出遭い at 2011年08月17日 14:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。