2007年09月06日

国際ライセンス契約実務講座

を受けるため、昨日は東京出張でした。

東京まで行かないと、専門的な講義やセミナーが受けられないのは忸怩たる思いのあるところですが、現状は致し方ないですね。

福岡市のサイバー大学にはぜひ頑張ってもらって、色々な勉強が、自宅や会社にいながら学べるようになるといいですね。


さて、肝心の講義の内容ですが、とてもよかったです。
これで、国際ライセンス契約はバッチリです(笑)

冗談はさておき、講師の弁護士の方の話が上手でしたので、講義時間の3時間半があっという間でした。
自分で講演する機会もありますので、その意味でもためになりましたね。

国際ライセンスというと一昔前は、海外からの権利を買うばっかりでしたが、最近は、ジャパニメーションはじめ、J-POP、ゲームソフト、漫画と日本の知財が評価され、海外へ権利を売る、あるいは向こうが買いに来るという時代になってきています。

買い手から売り手へと変化しているにも関わらず、日本人の交渉下手は相変わらずで、向こうの出した書式に何も言わず、印鑑を押しているようです。

もっとも私も、何度か、自分が作った契約書を渡しても、相手方から何も言われずに調印できたため、すんなり契約書作成業務が終了したことがあります。
国内外を問わず、契約について、何か主張するというのは日本では好まれないのでしょうね。


しかし、嫌いだろうと何だろうと、ビジネスであれば、交渉が何よりも大事です。
時折、話が決まってから、相談に来られる方がいますが、相手と合意してから、契約書で文言を変えてくれといっても無理です(笑)。

その辺の意識を変えていかないと、ダメだと昨日の講師の弁護士もおっしゃってましたが、私も全く同感です。

タフネゴシエーターにならないと、経営はつとまりません。

いきなり、大幅ディスカウントせい!とかは言い切らん方、今度、居酒屋に行ったら、「値段の割に、量が少なくない?」とやさしく言ってみることから始めてみましょうか(笑)


同じカテゴリー(経営)の記事画像
知財マネジメントスクール2010開催します!!
九州知的財産マネジメントスクール2008開講します!
ノードストロームと手帳の話
赤福よ、お前もか・・・
九州知的財産マネジメントスクール受講生募集のお知らせ
同じカテゴリー(経営)の記事
 無事1周年! (2011-04-01 20:43)
 QBS博多駅サテライトオープニングイベントのお知らせ (2011-02-23 18:34)
 知財マネジメントスクール2010開催します!! (2010-10-28 08:34)
 ホームページができました! (2010-10-20 00:23)
 中国キーマンとの交流会のご案内 (2010-08-11 18:09)
 手法は任せる (2010-06-16 19:11)

Posted by たばやん at 14:59│Comments(0)経営
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。