2007年10月17日

探偵ガリレオ




新しい月9、福山雅治のドラマ、ガリレオの原作です。

ドラマの第1話が面白かったので、早速、買ってみました。
昨日、久留米に行く用事があったのですが、その行き帰りの電車で読んでしまった程、面白かったです。

推理小説やサスペンスを読むたびに思うのですが、作家さんってホント、すごいですよね~。
どういう訓練をすると、頭の中で物語が出来上がるようになるのでしょうね。

すごいなあ~。


同じカテゴリー(本の紹介)の記事画像
新聞社 破綻したビジネスモデル
THE GOAL
テクノロジストの条件
マネーロンダリング入門
新書『インテリジェンス 武器なき戦争』
同じカテゴリー(本の紹介)の記事
 「もしドラ」、経営を知らない弁護士は必読です! (2010-12-21 19:16)
 君がオヤジになる前に (2010-11-22 18:30)
 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (2010-10-27 16:05)
 パラドックス13 (2010-01-15 07:16)
 さまよう刃 (2009-10-16 13:05)
 大人からの進化術 (2009-09-24 17:44)

この記事へのコメント
こんばんは。

東野圭吾の作品、よく読みます。

ガリレオは音楽も福山雅春が手がけていて、なかなかいい雰囲気でした。

ドラマは時々気に入ったのだけ観るのですが、今回は毎週楽しみなりそうです。

森博嗣や東野圭吾は理工系で、多くの作品が、理論的なミステリーに人間のあいまいさがほどよくミックスされていて次が楽しみになります。
Posted by murakawa at 2007年10月17日 21:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。