2007年10月23日

予知夢




探偵ガリレオ、面白いですね。

久々に最初から最後まで見るドラマになりそうです。
もっとも、同時間はQBSの授業が終わった直後ですので、全て録画ですが(笑)。

もうひとつの原作、予知夢の方も早速読んでみました。

探偵ガリレオよりも、面白い作品が多かったように思います。
おすすめです。


だいたい一つの短編を書くのに、どれくらいの時間が掛かるものなんでしょうね?
それを考えると、文庫本って、本当に安いですよね。

日本人は、知的財産やサービスにあまりお金を払わないと言われていますが、本が安すぎたりするのが意外に原因だったりするのでしょうか。

本が安いことは、国民としては幸せなことですが、作家や出版社に正当な対価が支払われていないのであれば、考え直さないといけないのかもしれません。

ところで、弁護士の相談料は、安いのでしょうか、高いのでしょうか・・・

相談者に直接、聞くわけにもいかず、一度、知らない顔して法律相談に行って、その費用対効果を実感してみたいものですね(笑)。


同じカテゴリー(本の紹介)の記事画像
新聞社 破綻したビジネスモデル
THE GOAL
テクノロジストの条件
マネーロンダリング入門
新書『インテリジェンス 武器なき戦争』
同じカテゴリー(本の紹介)の記事
 「もしドラ」、経営を知らない弁護士は必読です! (2010-12-21 19:16)
 君がオヤジになる前に (2010-11-22 18:30)
 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (2010-10-27 16:05)
 パラドックス13 (2010-01-15 07:16)
 さまよう刃 (2009-10-16 13:05)
 大人からの進化術 (2009-09-24 17:44)

この記事へのコメント
探偵ガリレオ、に関係して。

東野圭吾の直木賞作品『容疑者Xの献身』の映画化が決まったそうです。

探偵ガリレオの続編?長編で、旧友である天才数学者と物理学者湯川の対決です。

出演者もドラマそのままという情報なので楽しみです。

小説は何気ない日々の中に感動やさざなみを心の中に目覚めさせてくれますね。それがドラマや映画になると、読後の感動がどんな形に撮られているか楽しみになります。
Posted by murakawa at 2007年10月23日 23:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。