2008年01月25日

反転





大分前に読んだ本ですが、最近、うちのボスが読んでいたのを見て、ご紹介しておきます。

特捜検事から、弁護士になった方の自叙伝(?)です。

とても興味深く、読みました。

地元に「ヘリ」で凱旋するくだりは、圧巻ですね。
検察の力を見せつけられる気がします。
もっとも、今はそんなこともできないのでしょうが。

一方、「特捜最前線」というTV番組をみたり、ロッキード事件を見聞きして、東京地検特捜部検事にあこがれを持っていた人間としては、「やっぱり、そうなのか」と思うところもあったりして、複雑な思いも生じました。(なお、特捜最前線は、検事の話ではありません。普通の「刑事」ドラマです。子供なので、違いは分かりませんでした(笑))


司法試験に合格すると、裁判官、検事、弁護士に(建前上)なれる訳ですが、どの職種が一番いいのでしょうか?

一般的なイメージだと、案外裁判官かも知れませんね。

間違いなく言えるのは、どの職種も大変だということです。

もっとも、それは、法曹に限ったことではないですけどね。(案外、この当たり前の認識がない人が多いのが、この業界の悪いところですね。)





同じカテゴリー(本の紹介)の記事画像
新聞社 破綻したビジネスモデル
THE GOAL
テクノロジストの条件
マネーロンダリング入門
新書『インテリジェンス 武器なき戦争』
同じカテゴリー(本の紹介)の記事
 「もしドラ」、経営を知らない弁護士は必読です! (2010-12-21 19:16)
 君がオヤジになる前に (2010-11-22 18:30)
 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (2010-10-27 16:05)
 パラドックス13 (2010-01-15 07:16)
 さまよう刃 (2009-10-16 13:05)
 大人からの進化術 (2009-09-24 17:44)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。